亀頭増大の基本的な術式とは?

亀頭増大の基本術式はコラーゲンやヒアルロン酸です

亀頭の大きさに悩みを抱えていて、亀頭増大の施術を受けたいと思う人も多いことでしょう。
男性は多くの場合太く逞しいペニスに憧れを持つものです。
このような希望を叶える方法が亀頭増大の術式であり、近年ではその需要が2倍、3倍と増えてきています。
近年では注入に用いる素材が飛躍的に進歩し、これまでよりも確実に亀頭増大効果を得られるようになったとも言えます。

亀頭増大の施術で行われる基本的な術式は、コラーゲンやヒアルロン酸です。
基本術式の一つコラーゲンは、タンパク質で構成されるものであり、比較的安価なものが多く、様々なクリニックでも行える方法です。
平均すると一本0.5ccあたり5万円程度となっていますが、吸収されやすく半年から1年程度でほぼ完全に吸収されてしまいます。
増大効果を維持するためにも、追加の治療が必要です。
ヒアルロン酸もコラーゲンと同じように吸収されるので、亀頭増大効果は何消失することになるでしょう。

基本術式に加え近年注目を集めるサブQ

コラーゲンやヒアルロン酸が亀頭増大の施術にあたり基本的な術式となっていますが、近年注目を集めている術式の一つにサブQと呼ばれるものがあります。
持続性が従来のヒアルロン酸の4倍以上という持続性を実現し、安全性や効果も認められていて、現在では一番高い評価を受ける最新の術式と言えるでしょう。
従来の基本術式のヒアルロン酸の場合には、早いものであれば一か月、高濃度で高価なものでも半年から2年程度の持続性となっていましたが、サブQの場合には何と2年から4年程度の持続期間があります。
ヒアルロン酸は皮膚の組織の一部であり年齢とともに失われてしまい、それに伴い亀頭のハリも失われてしまいますが、サブQの場合には亀頭のハリや潤いを蘇らせ、若返り効果も期待できます。
手術時間は15分程度で通院もありません。
長期持続や生体親和性に優れていること、また非アレルギー性であることから、これから基本術式に変わっていくことも予想されます。

まとめ

このようにこれまでの亀頭増大の施術の基本術式はコラーゲンやヒアルロン酸であることがわかりましたが、近年ではサブQに大きな注目が集まっていると言えるでしょう。
持続効果が2年から4年ということで、いずれ吸収されてしまうとはいえ、このように持続効果が長く続くことは嬉しい限りです。
現在亀頭の大きさなどに悩んでいるのであれば、クリニックに亀頭増大の相談に行くことから始めてみましょう。
最初は恥ずかしいという思いがあるかもしれませんが、それは一時的なものであり、悩みの解決にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。