まずは亀頭増大の基本情報を見ていこう

何のために亀頭増大をするのか

亀頭増大は基本的に、男性器のサイズを大きく見せるために受ける人が多いです。
男性器が小さいとコンプレックスに感じる人は少なくなく、そのサイズに影響するのは亀頭の大きさです。
そのためキノコのような立派なシルエットになることを求めて、亀頭増大を行うわけです。

性行為への影響を考えて、亀頭増大を行う人もいます。
性行為でパートナーを喜ばせるためには、女性器の内壁にしっかり刺激を与えなければなりません。
その刺激を与えられる基本となるのが亀頭なので、亀頭増大をして性行為をより充実したものへと導くという考え方です。
特に陰茎のサイズは平均的でも、亀頭が小さい人がこの理由で亀頭増大をすることが多いです。

また亀頭増大をすると、副産物として仮性包茎が改善されることがあります。
仮性包茎は亀頭に包皮が被さってしまうことがあるものですが、亀頭増大をすると包皮が被りにくくなり、改善されるというわけです。
中には包茎改善も視野に入れて、亀頭増大を行う人もいます。

どのような施術で亀頭増大をするのか

亀頭増大術は基本的に、注射器を使用して物理的なサイズアップを図るものです。
亀頭の奥にフィラーという何らかの物質を注入して、風船のように膨らませることで亀頭増大を行います。
注入するものには複数の選択肢があり、代表的なのはヒアルロン酸です。
人の身体にも元々ある成分なので、身体との相性が良く、拒否反応が出にくいのが強みです。
ただ身体に馴染みやすいことから、時間の経過と共に吸収されてしまって、やがてサイズが小さくなってしまうという側面があります。

そんなヒアルロン酸とは別に、半永久的に身体に残り続ける物質もあります。
ヒアルロン酸よりも料金が高くなりがちですが、サイズを維持するために複数回の施術を受ける必要がありません。

いずれも基本的に、注入する医師の技量によって仕上がりの良し悪しが決まります。
腕の良い医師だと亀頭がそのまま大きくなったような見た目になりますが、医師の腕が悪いといびつな形になりかねません。
そのため情報をしっかり入手して、医師を選ぶことが大切です。

まとめ

亀頭増大を受ける理由は人それぞれですが、どのような理由であっても基本的な内容は変わりません。
その理由よりも、吸収されるのか半永久なのかという、フィラーの選択の方が影響が大きいです。
フィラーは亀頭増大状態を維持できる期間と、費用に関係してきます。
亀頭増大術は決して安いものではないので、しっかりと選ぶ必要があります。
さらに亀頭増大術の結果に満足できるかどうかは、医師次第なので、ちゃんとした情報を元に選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。