亀頭増大の基本的な料金はどれくらい?

ヒアルロン酸を注入する亀頭増大術にかかる基本的な料金

亀頭増大術の基本的な料金は亀頭に注入する薬剤の種類や量に左右されますが、亀頭増大術で使用される薬剤を代表するヒアルロン酸の場合は1ccあたり40,000~90,000円ほどが相場です。
ヒアルロン酸は、高い増大効果が期待できる薬剤で、2~3cc程度の量で充分な増大効果が得られるというメリットがあります。
加えて、人体組織との親和性が非常に高いため、基本的に亀頭に注入しても安全だと言われています。
また、通常のヒアルロン酸よりも、長期間にわたって効果が持続するスーパーヒアルロン酸の場合は、1ccあたり78,000~150,000円ほどが相場です。

ヒアルロン酸は、他の薬剤と比べて料金が安い傾向があるため、亀頭増大術を始めて行う方が選択することが多い薬剤です。
一方で、時間が経過するとともに分解されて体内に吸収されていくというデメリットがあるため、亀頭増大効果を持続させるためには定期的に治療を受ける必要があります。

ネオポリアミドを注入する亀頭増大術にかかる基本的な料金

亀頭増大術では、ネオポリアミドと呼ばれる薬剤が使われることもあります。
ネオポリアミドの最大の特徴は、基本的には半永久的に亀頭増大効果が持続することです。
亀頭に注入した後に体内で分解・吸収されることがないため、ヒアルロン酸のように定期的に治療を受ける必要がありません。

しかし、一回の治療あたりの料金はヒアルロン酸よりも高めです。
ネオポリアミドを使用した亀頭増大術の料金相場は、1ccあたり130,000~210,000円程度となっています。
定期的な治療が不要なのでヒアルロン酸よりもトータルコストを抑えることはできますが、一度に支払う料金が高いので、十分に検討した上でヒアルロン酸とネオポリアミドのどちらを選択するのかを決定しましょう。

なお、ネオポリアミドは新しい薬剤なので、十分な知識と治療経験がある医師による治療が受けられるクリニックを選択することが大切です。
現在のところ安全性に問題はないとされていますが、場合によっては副作用が起こる可能性もあるのでクリニック選びは慎重に行いましょう。

まとめ

亀頭増大術にかかる料金は決して安いものではありませんが、費用を少しでも抑えたいという場合はヒアルロン酸を選択すると良いでしょう。
しかし、ヒアルロン酸を使った亀頭増大術は、時間とともに徐々に効果が失われていくので定期的な治療を受ける必要があります。
一方で、ネオポリアミドを使った亀頭増大術は半永久的に効果が持続します。
一回の治療あたりの料金は高いものの、トータルでのコストを考えればヒアルロン酸よりも優れていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。